読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/3/29 シアタークリエ キューティ・ブロンド

行ってきましたキューティ・ブロンド

f:id:emvvV:20170330014421j:plain

いろいろネタバレになるので詳しくは続きで。

観劇予定の人は見ないほうが良いかも。

 

 

 

 

 

つんさんの出演が決まってから、すぐにDVDを借りに行って原作を見たけど、いままで知らなかったのが悔しいぐらい楽しい作品だったので、ミュージカルが楽しみで仕方なかったんよね。

キューティ・ブロンド自体は、ヒトコトで言うと女性主人公版逆転裁判みたいな感じ。携帯電話が出てこないってぐらいで、話そのものはそんなに時代を感じさせないような作りになってるんで、今見ても全然おもしろい。

今日の終演後トークショーでつんさんが言っていたけど、エルにしてもヴィヴィアンにしても、ポーレットも、その他もみんな、いろんな女性がいろんな強みを活かして活躍していく姿は、女性だけでなく色んな人に勇気を与えるいい作品。

 

さて、肝心の舞台はと言うと。

 

神田沙也加さんかわいい。本当にかわいい。

それでいてあの歌唱力とダンス、やばい。

東京公演も折り返しで10回目ぐらい?かな、にしてもずっとはっちゃけていて、本当にこの人は同じ人間なのかってぐらい、思っていた以上に終始歌いっぱなし踊りっぱなしで、かなりエネルギッシュ。

あと役作り。トークショーでさらっと「ブリーチ3回もして~」って言われてたけど、ずっとヅラだと思っていたんでかなりびっくり。実際劇場もちょっとドヨってた。

いやー…彼女は完璧にエル・ウッズでしたわ。映画のイメージまんま。

こういうの、日本人が見た目も真似してやると滑稽な感じになるって思い込みあったけど、そんなこと全然なかったね。

 

それからつんさん演じるヴィヴィアン。

つんさん抜きにして個人的に作品で一番好きなキャラ。ライバルキャラが和解して味方になるパターン好き。サイバーコップでいうとルシファーみたいな。(知らんか。

 

今回のミュージカルにあたって原作で好きなシーンがいくつかあって、そこんとこどうなるんかなって楽しみにしてたけど、それが全部演目?に入ってて、しかも予想以上のクオリティで良かったなー。

ひとつはポーレットの犬を取り戻すところ。ここはエルが初めて法的パワーを行使するところで、作品的にも重要なシーンで好き。

もうひとつは宅配便のアニキのところ。これは以外にもしつこいぐらいアニキ出てきてホンマ笑ったw

あとはヴィヴィアンがエルに謝るところ。ここはホンマ好き。何よヴィヴィアン実は良い奴やんけ!ってなりつつ、でもそうさせたのはエルであって、やっぱこの子スゴイなって思わされるいいシーン。

 

本場のミュージカルの内容を知らんからアレやけども、全体的に見ると、演者の人数とか時間とか、ミュージカル化にあたって結構省略されてるところがあって、さらに要所要所でジャパナイズされた小ネタがあったり、原作を見ていても、見ていなくても楽しめる内容になってたのはgood。

あと、これ原題はリーガリー・ブロンド(Legally Blonde)っていうんよね。邦題のキューティ・ブロンドやと、法律云々が抜けててただの可愛いブロンドの子っていう意味しかないって話を聞いて、たしかになーって思ってたんやけども、クライマックスでリーガリー・ブロンドって曲があって、個人的にはそこでめちゃんこアガった。もともとのミュージカルにあった曲なんかな。

 

今回はグループでチケット取ったんで10連番で見てたけど、隣がトークショー残ってるのに帰ろうとしてて、いや~でもそれぐらい満足したよねっていう。

もうチケット入手がかなり困難やけども、名古屋とか、あるところはあるので是非言ってもらいたいなーと思う。

  

んでトークショー

てっきり20分ぐらい休憩してからかと思ったら、意外にも終演してすぐに始まってびっくり。おかげでラストの衣装のヴィヴィつん拝めて最高of最高。

ポーレット役の樹里さんが司会進行やったけど、いきなり「えみつん」って呼んでて、その瞬間、ああこれは絶対にトーク楽しいやつやぞ…!って確信しましたわ。

つんさんが神田沙也加さんのこと「さーや」って呼んでることからも雰囲気は伝わっていたけど、現場に "声優・アーティストの新田恵海" ではなく、"えみつん" として参加して、他の共演者さんにも受け入れられてたんやなっていうのが解って、やっぱりつんさんってそういうパワーあるよなあと改めて。

んでまあ樹里さんの関西弁がずるいこと。おもろい。木村さんとのオバチャントーク、かなり笑ったし、つんさやのイチャコラも「萌え~(古い)」で、頬の筋肉がやばかった…

細かい話の内容とかは誰かレポ書いてるやろうからそっちを見てもらえれば。

 

打ち上げでも話がでたけど、つんさんが出演される何かって、まあ当然ながらつん目当てで行くわけやけど、最終的には他の共演者さんのことも好きになって帰っていく、そういうファミリー感みたいなのが絶対あるよねって。 えみちゅたんすなんか、そのいい例やし。

ミュージカルもこんな楽しいんやなって分かってしまって、ちょっと他のやつも行ってもいいかなって思いはじめて、ホンマやばい。アカンアカン…

 

さて次は4/2のHAPPY PINKY DAY。

f:id:emvvV:20170330014419j:plain

また来ます。